大学受験と夏休み

大学受験前の夏休みは、受験生にとって非常に大事な時期です。
夏を制する者が受験を制すると言うように、大学受験前の夏休みに受験勉強を熱心に出来たかどうかで志望校の合格率は大きく変わってきます。

しかし、実際にどの程度受験勉強をすれば良いのか、個人差もあって基準が分からない事とが多いと思います。
今回は、そんな大学受験前の夏休みについて、受験生としてどう過ごせば良いのか、どのような心持ちで臨めば良いのかご紹介します。

大学受験前の夏休みの使い方・過ごし方・やるべき事は?

大学受験前の夏休みは、受験勉強を第一に考えて行動するようにしましょう。
40日という自由な時間、この時間をどの程度勉強に充てたかによって、志望校の合格率は大きく左右されます。

高校生最後の夏休み、思い出作りに遊びたいという気持ちは分かりますが我慢しましょう。
遊ぶのは受験後や大学入学後、存分に出来ます。

「受験後にあの時やっておけば」と後悔する事のないように、大学受験前の夏休みはその時にしか出来ない事を優先しましょう。

大学受験前の夏休みの予定・学習計画・スケジュールの立て方は?

大学受験前の夏休みの予定・学習計画・スケジュールの立て方

大学受験前の夏休みを有意義に過ごすためには、学習計画を立てる事が大事です。
最初に、夏休み全体の学習目標を立てましょう。

その際、この教科を得意にするといった抽象的な目標ではなく、単語を何個覚えるといった具体的な目標を立てるようにしましょう。
抽象的な目標だと、達成出来たのか判断がつきにくい可能性があります。

その後は、毎日の学習計画を立てましょう。
1週間ごとに区切り、勉強する範囲を振り分けると良いでしょう。

勉強後には、計画した範囲がちゃんと終わったかどうか、理解度も含めてチェックを忘れないようにしましょう。
不十分な範囲があれば、余裕のある時にもう一度復習しましょう。

大学受験前の夏休みは勉強するべき?

大学受験前の夏休みは勉強するべき

大学受験前の夏休みは、受験勉強に励む決心をする最後のチャンスです。
まだ受験までは少し期間があるから、冬休みに頑張るからなどと思って勉強をしないままでいると、確実に痛い目を見ます。

夏休みは40日間の自由な時間があります。
これを短いと感じるか長いと感じるかは、人によって様々です。
ただ、40日掛ければ、かなりの知識を付ける事が可能なのは間違いありません。

大学受験は、将来を左右するとても大事なものです。
この時だけは今を楽しむ気持ちは捨てて、将来のために頑張りましょう。

大学受験前の夏休みは基礎を固めるチャンス

大学受験前の夏休みは、苦手な科目の基礎を固める事が出来るチャンスです。
40日という自由な時間、今まで手を付けられなかった苦手科目を、時間を掛けて徹底的に勉強しましょう。

夏休み後には学校も始まり、勉強時間も限られてきます。
そのため、自分のやりたい範囲だけを勉強するのは難しくなります。

そのため、受験を有利に進めるためには、夏休み中に基礎固めを終わらせておくのが絶対条件なのです。
夏休みまでに基礎の出来ていない教科がある場合は、優先して勉強をするようにしましょう。

大学受験前の夏休みの勉強法・勉強時間・勉強量は?

大学受験前の夏休みの勉強法としては、基礎固めに力を入れる事をオススメします。
この期間を逃したら、なかなか手を付ける時間が無くなってしまうためです。

夏休みにおける受験生全体の1日当たり平均勉強時間は、およそ7時間半と言われています。
もちろん、難関大学になれば更に勉強時間は長く、東大・京大では1日10時間半以上となっています。

難関大学を受験する人は、それだけ努力をしているという事です。
実際の目標勉強時間は、夏休みまでの仕上がり具合や個人差が大きく関わってくるため、一概には言えません。

しかし、時間を掛ければかけるだけ、成績は目に見えて上がっていく事がほとんどです。
勉強時間・量共に、尽くせる限りの時間を尽くして臨みましょう。

大学受験前の夏休みは合宿に行く?

大学受験前の夏休み、勉強に専念するために予備校などの合宿へ参加する人もいます。
合宿に参加するメリットは、環境の整った場所でいつでも勉強をする事が出来る事、勉強漬けになる事でこれからの受験勉強への耐性を付ける事が挙げられます。

また、勉強の内容を自分で決める必要が無く、するべき勉強範囲を提示してくれる事も大きいのです。
デメリットとしては、宿泊費や交通費、合宿費で金銭的な負担が大きいこと、集団行動するにあたって無駄な時間が多くなりがちな事が挙げられます。

合宿に行く方が良いか行かない方が良いかの明確な答えはありません。
しかし、3日程度の合宿で夏休みにやるべき範囲の全てをカバーする事は不可能です。

あくまで、受験勉強への気合を入れる目的で参加しましょう。

大学受験前の夏休みオススメの勉強場所は?

受験勉強をする際にオススメの場所としては、まず予備校の自習室が挙げられます。
利用出来るのは予備校に通っている方限定です。

しかし、整った環境で教材を借りる事ができ、講師への質問も出来る自習室は、やはり勉強のための場所と言えます。
また、自宅で勉強をするのもオススメです。

自宅でなら自分の好きなスタイルで勉強出来ますし、少しくらい恰好を崩しても誰にも見られません。
人がいないと怠けてしまうという場合には、家族のいるリビングで勉強すると良いでしょう。

また、自習室にないメリットとして、パソコンなどの電子機器が使えることが挙げられます。
問題集に載っていないような解説や細かい疑問など、パソコンやスマホですぐに調べる事が出来るのは意外と便利です。

カフェやファミレスでの勉強は、他の人の迷惑になる可能性もあるので辞めましょう。

大学受験前の夏休みモチベーションを持たすには息抜きも必要?

大学受験前だからといって、起きている間ずっと勉強漬けになるのは精神的に辛いものがあります。
もちろん、勉強時間を出来るだけ増やすのは大事ですが、1日10時間も勉強したら限界を感じると思います。

人間の集中力が続く時間は、最大で90分前後と言われています。
個人差もありますが、約90分ごとに少し休憩を取った方が効率的に勉強出来るのです。

また睡眠時間を削ってまで勉強をしていては、当然体調を崩す可能性も高くなります。
体調を崩して勉強が出来なくなるのは本末転倒です。

勉強時間を確保する事はもちろん大事です。
しかs、無理のない勉強計画を立てるようにしましょう。

大学受験の夏休み前までにやる事は?

大学受験の夏休み前までにやる事

夏休みは勉強をするチャンスですが、それまでにするべき事とは何でしょうか?
それは、学習計画を立てておく事です。

そのために、自分の勉強の出来具合を把握しておく事が必要です。
得意な科目、苦手な科目をしっかりと認識し、苦手な科目のどの範囲を勉強すれば良いのか、事前に把握をしておきましょう。

また、自分の勉強のスタイルを確立しておく事も重要です。
独学か授業のどちらが効率良く理解出来るか、問題集だけを解きまくるか参考書を読み込んで理解を深めるかなど、勉強のスタイルは人によって様々です。

自分に合った勉強のスタイルを見付けて、夏休みの勉強を効率良く進めましょう。

大学受験前の夏休みの失敗する過ごし方とは?

大学受験前の夏休みの失敗する過ごし方

大学受験前の夏休みは、勉強を徹底的に行うチャンスです。
しかし、高校生最後の夏休みには誘惑も一杯あります。

誘惑に釣られてつい勉強をおろそかにしてしまい、夏休み明けに周りと差を付けられてしまったという話も良く耳にします。
夏休みの失敗する過ごし方とは、勉強をしない事です。

勉強をしようと意気込むのと、実際に勉強をするのは違います。
絶対に勉強すると意気込んでいても、集中力が持たず長続きしなかったり、そもそも行動に移れない事もあります。

普段から勉強の習慣を付けて、机に向かうのが当たり前と考えられるようにしましょう。

大学受験前の夏休みに部活はOK?

大学受験前の夏休み、部活によってはまだ引退時期になっていない場合もあります。
勉強しなければいけないと分かっていても、今まで努力してきた部活も最後まで頑張りたいと思うのは当然です。

部活と勉強の両立は、もちろん大変です。
長時間の拘束は、勉強時間の減少に繋がります。

また、運動部であれば、肉体的に疲れた後に勉強をするのは辛いものがあります。
部活と勉強、どちらを取るかは自由です。

勉強がおろそかになって受験が上手くいかなくても、部活で一生の思い出を作る事が出来れば後悔しないかもしれません。
両立が出来ればそれに越した事はありません。

しかし、基本的にはどちらかを諦める覚悟が必要でしょう。

大学受験前の夏休みに遊ぶ・サボるのはだめ?

大学受験前の夏休み、プールや海、花火にお祭りと誘惑は一杯あります。
しかし、誘惑に負けて遊んでしまい、勉強があまり出来なかったという事になるのはもちろんダメです。

大学受験前の夏休みは、あくまで勉強のための期間だと思ってください。
大学受験前に遊んで勉強をサボることは、自分の将来に影響してきます。

受験が終わった後に後悔しても取り返しはつきません。
今の楽しみを考えるのではなく、将来の事を考えて行動するようにしましょう。

大学受験前の夏休みを無駄にしない・後悔しないためには?

夏休みを無駄に過ごさないためには、まず受験勉強に対する気合を入れる事が必要です。
夏休みの時期になってもまだのんびりしているようでは、少し危機感が足りないかもしれません。

この時期に怠けていてはいけないという事を、自分で理解をする必要があります。
危機感が足りない場合、予備校などが開催している合宿に参加してみると良いでしょう。

周りが勉強一筋で努力しているのを見れば、自然と危機感が湧いてきます。
また、毎日欠かさず勉強をする事も大事です。

毎日勉強漬けでは気が滅入るからと、週に1日だけ休日を作るのは構いません。
しかし、その場合でも、1時間程度は必ず勉強をしましょう。

丸1日勉強をしないまま過ごしてしまうと、どうしても怠け癖が付いてしまいます。
夏休みを無駄に過ごさないために、まずは自分の考えを見直してみましょう。

大学受験前の夏休み明けはどうする?

大学受験前の夏休み明けはどうする

夏休みに猛勉強をしたからと言って安心してはいけません。
受験勉強のピークは、夏休みではなく冬休み以降になります。

たとえ夏休みの努力によって周りと差を付ける事が出来たとしても、その後追い抜かれる可能性は十分にあります。
差があるからとサボるのではなく、その差を更に広げられるように勉強を続けましょう。

夏休みにあまり勉強が出来でかった場合は、夏休み明けが勝負になってきます。
サボってしまったものはしょうがないと言えます。

しかし、この時期を逃せばもう後が無いので、今度こそ必ずと気合を入れて臨みましょう。

大学受験前の夏休みのまとめ

大学受験前の夏休みのまとめ

大学受験前の夏休みは、受験勉強をするチャンスです。
この時期に勉強をおろそかにしてしまうと、後々必ず後悔する事になります。

そして、後悔した時には、もう取り返しがつきません。
この時期にしか出来ない事は何か、今やるべき事は何かをしっかり理解して、夏休みの計画を立てましょう。

受験勉強が終われば、長い春休みの後に大学生活が始まります。
その時に、後悔しながら過ごす事は考えたくありませんよね。

そのためにも、悔いの残らない夏休みの過ごし方をしましょう。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。