いい塾

学習塾を選ぶ際に、重視するポイントとは何でしょうか?
家からの距離や授業料、あるいは友達が通っているからなど様々な理由があると思います。

どんな理由であれ、せっかく学習塾に通うのであれば、出来るだけ良い塾に通いたいですよね。
では、良い塾というのは、具体的にどのような塾のことを言うのでしょうか?

今回は、そんないい塾の条件についてご紹介します。
どのような点で良い塾と悪い塾は区別されるのか、またその見分け方について知り、成績の上がる学習塾を選びましょう。

良い塾の選び方は?

良い塾と一言で言っても、その条件は様々です。
親の立場からすると、料金形態が良心的である事や、授業に関する要求に応じてくれる事などが挙げられます。

子供の立場からすると、授業が分かりやすい事や、先生が親身になって話を聞いてくれる事などです。
人によっては良心的な塾に感じても、他の人からすればあまりそう見えない場合もあります。

ただ、どんな場合でも言える事として、塾に通う以上成績が上がらない事には意味がありません。
そのため、良い塾の必須条件として、成績の上がる塾であるという事が言えます。

しかし、成績の上がる塾を見分ける事は決して容易ではありません。
ほとんどの場合、実際に授業を受けて判断するしかないのです。

良い塾を見分けるためには?

良い塾を見分けるためには

良い塾を見分けるためには、口コミを参考にする事と、実際に授業を受けて判断する事が考えられます。
口コミを参考にする際は、ネットの意見ではなく、実際に通っている知人に聞くようにしましょう。

ネットの口コミにはサクラが紛れ込んでいる可能性があり、信憑性に欠けます。
良い塾かどうかの判断基準は、人によっても異なります。

そのため、知人の意見を参考にする際も、出来るだけ大人数に聞くよう心がけましょう。

実際に授業を受けて判断する場合、体験授業を活用しましょう。
多くの塾では、入塾前の体験授業が可能です。

短い時間ではあるものの、ある程度塾の良し悪しを判断する事が出来ます。
その際は、授業後の子供とのコミュニケーションが重要になってきます。

授業後に数日経ってしまうと授業の印象が薄れてしまうため、体験授業が終わったらすぐに感想を聞くよう心がけましょう。

良い塾の先生とは?

良い塾の先生の条件としては、指導経験が豊富で教え方が上手であること、生徒への配慮が行き届いている事が挙げられます。
教え方が上手であれば、それはそのまま成績アップに繋がる事になります。

また、生徒への配慮が行き届いている講師であれば、生徒に合った授業の進め方をしてくれる事が考えられます。
勉強があまり好きでない生徒の授業では雑談を交えながらなど、ただ淡々と授業をこなすだけの場合より成績アップに繋がるかもしれません。

また、室長の年齢や講師募集の状況も把握しておくと良いかもしれません。
室長の年齢があまりにも若ければ、経験の浅い先生しかいない場合も考えられます。

同様に、講師募集が多い塾では、講師の入れ替わりが激しく経験の浅い講師が多い傾向にあります。
成績が上がるかどうかは講師に依る部分が大きいため、講師の質を見極めておく事は非常に重要です。

良い塾と悪い塾の特徴とは?

良い塾の特徴としては、広告をあまりしていないのに繁盛している事が挙げられます。
この場合一度入塾した生徒が離れづらく、口コミによって新しい生徒の受け入れにも成功している塾であることが伺えます。

逆に、悪い塾の特徴としては、チラシなどの広告が多い事が挙げられます。
広告を大量に打つ必要があるという事は、それだけ生徒数が不足している証拠でもあります。

そして、生徒数が少ないという事は、講師の給料も低い場合が多いです。
そのため、質の高い講師が集まりにくく、あまり評判の良い塾とは言えないでしょう。

広告が多い塾や教室数が多い塾は良い塾?

広告が多い塾は、主に金銭面で良心的でない可能性があります。
広告が多いという事は、授業料がそれだけ広告宣伝費に費やされている事になります。

したがって、授業料が比較的高い場合が多いです。
電話勧誘やチラシ配りをしている塾の場合、よほど生徒数が足りていないという状態である事が伺えます。

特に、電話勧誘を行う塾は個人情報を不正に利用している可能性が高く、非常に危険であると言えます。
また、教室数が多い塾も少し気を付けた方が良いかもしれません。

特に、急激に教室数を増やしている塾の場合、質の高い講師を確保する事が困難です。
そのため、経験の浅い講師が授業を行う可能性が高く、避けた方が賢明かもしれません。

個別指導と集団指導ではどちらが良い塾?

個別指導と集団指導ではどちらが良い塾

塾には、大きく分けて個別指導塾と集団指導塾があります。
どちらが良い塾と言えるかについては、子供の勉強スタイルや成績によって違います。

個別指導塾の主なメリットは、個人に合わせた勉強ペースで授業を行える事が挙げられます。
苦手な範囲は少し多めに時間を取ってもらう事が出来たり、授業中いつでも質問出来たりする事が魅力です。

集団指導塾の主なメリットは、費用面です。
個別指導塾は基本的に集団指導塾より高い料金のため、集団指導塾では費用を安く抑える事が出来ます。

また、講師の質については集団指導塾の方が高い場合が多いです。
個別指導塾の場合、大学生のアルバイト講師がほとんどを占めます。

集団指導塾にも大学生講師はいますが、授業難易度の面から指導力は上である場合が多いのです。
一般的に、個別指導塾に通う生徒の成績は、平均程度かそれ以下である事が多いと言えます。

一方で、集団指導塾に通って成績が上がる生徒は、もともと成績上位の場合が多いとされています。
子供に合った勉強スタイルを見つけ、成績が上がりやすい方を選びましょう。

通ってみたら良い塾じゃなかった場合はどうする?

通ってみたら良い塾じゃなかった場合

実際に学習塾に通ってみて、子供の成績が全然上がらないという場合もあると思います。
また、成績は上がったが子供が塾に行く事を拒む、あるいは授業料が高過ぎるといったトラブルも考えられます。

ではその場合、どう対処すれば良いのでしょうか?
学習塾に通っても成績が伸びないという場合、原因としては2つ考えられます。

1つ目は、子供のやる気が足りていない場合です。
いくら質の高い授業をしたところで、集中して授業を受けていなければ意味がありません。

また、家庭学習をおろそかにしていると知識が定着せずに忘れてしまいます。
成績に伸び悩んでいる場合、塾は楽しいか、授業はしっかり聞いているかといった事を普段のコミュニケーションの中で把握しましょう。

2つ目は、授業内容が分かりづらいという場合です。
講師の経験不足で、生徒にとって理解しにくい授業をしている可能性があります。

同じ塾に通う生徒の親などに、成績や授業内容について意見交換をしておくと良いでしょう。
他の生徒も同じように成績が伸び悩んでいれば、授業内容に問題があるかもしれません。

その場合は、クラス替え制度があればそれに頼る事や、もしくは転塾の検討が必要になるかもしれません。

良い塾についてまとめ

良い塾についてまとめ

良い塾の必須条件は、成績が上がる塾であるという事です。
しかし、成績が上がるかどうかは、実際に体験してみない事には分かりません。

いくら評判の良い塾でも、子供のレベルとかけ離れていれば成績が上がる事はないでしょう。
体験授業や入塾前の面談などを通して、塾の雰囲気を把握しておく事は非常に重要です。

もしその段階で合わないと感じれば、すぐに次を探しましょう。
流れで入塾してしまっては、そのままずっと居座る事になる可能性もあります。

塾に入ってしまってから辞めることは、子供の交友関係などもあり難しいです。
事前に情報をしっかり集め、後悔のないような塾選びをしましょう。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。