塾の教材

授業を行うにあたって、欠かせないものが教材です。
学校の教科書とは違い、学習塾で使用する教材は様々

質の高い授業を行う上で、質の高い教材を使用する事は必須と言えます。
学習塾専用の教材は、一般的に市販の物に比べ質が高いとされています。

そのため、学習塾で市販の教材を使用する事はあまりなく、学習塾専用の教材が多く採用されています。
学習塾専用教材の中には、学習塾がオリジナルで作成した物もあり、その重要性が見て取れます。

今回は、学習塾で使用するテキストについてご紹介します。
塾の教材の特徴を知れば、家庭学習の際にも活かせるかもしれません。

塾で使用する教材って?

学習塾で使用する教材は、授業を円滑に進めるための様々な工夫がされています。
では、具体的に学習塾専用の教材と市販の教材では、どのような違いがあるのでしょうか?

学習塾の教材の特徴としては、講師の説明がある事を前提とした作りになっている事が挙げられます。
学習塾の教材では、基本的な説明の部分は少なめにして、説明の後にはまず確認問題が用意されています。

講師の説明が理解出来ていれば解く事が出来ますし、解けなければもう一度説明に戻るという対応が出来ます。
これにより、生徒が途中で躓いて授業に置いていかれる事が少なくなります。

確認問題が解けたら練習問題に移り、さらに発展問題を解くと段階を踏まえた学習が出来ます。
教材によっては、宿題に出せるように復習用のページが用意されている事もあります。

塾で使う教材は塾によって違う?

塾で使う教材は塾によって違う

学習塾で使用する教材は、その学習塾によって異なります。
特に個別指導塾では、教材の種類が多い傾向と言えます。

同じ学年の同じ科目を受講している生徒でも、生徒によって何種類かの教材を使い分けている場合もあります。
生徒毎に異なる教材を使う理由は、主に生徒の学力に合った教材を使用するという目的です。

説明の多い教材では、その分演習問題が少なめになってしまいます。
そのため、基礎の身に付いている・理解力が高い生徒には、非効率的な学習内容になる可能性があります。

逆に、説明の少ない教材を基礎の身に付いていない生徒が使用すると、理解出来ないばかりか生徒のやる気まで失われてしまう可能性も考えられます。
そのため、生徒の学力に合った教材を使用する事が大切になってきます。

一般的に、個別指導塾より集団指導塾の方が難易度の高い教材を使用する事が多いようです。
さらに、補習塾よりも進学塾の方が教材の難易度は高い傾向にあります。

いらない塾の教材の処分方法!買取は可能?

いらなくなった塾の教材の処分方法、買取

学校の教材にも言える事ですが、一度使い終わった教材をもう一度使うという機会は少ないと思います。
そのため、教材の処分が必要になりますが、ただゴミとして処分する事は少しもったいないかもしれません。

学習塾の教材は通販などを除き市販されていないため、多少の希少価値があると言えます。
市販の教材に比べ質も高いため、身近に活用出来そうな人がいれば譲る事も手だと思います。

また、学習塾の教材は買い取ってもらう事が出来ます。
基本的に書き込みや傷みが無い方が買い取り価格は高いですが、仮にあったとしても買い取ってくれます。

買取業者は様々ですが、普通の古本屋ではあまり買い取ってくれません。
そのため、ネットで買取サービスを探しましょう。

査定後のキャンセル料・返送料が無料の所を選べば、もし納得いかなかったとしても、気軽にキャンセル出来ます。
ゴミとして捨てるくらいであれば、少しでもお金が返ってくる方法を選びましょう。

塾の教材費・価格は?無料の場合はある?

塾の教材費・価格、無料

学習塾の教材の相場は、800円~1,500円とされています。
しかし、これは実際に生徒側が支払う金額ではありません。

上記の金額は、出版社が学習塾に卸す場合の価格とされています。
実際は、これに手数料や送料を加えた価格が学習塾に支払う金額になります。

そのため、学習塾の教材には値段が表記されていません。
また、出版社のホームページなどにも値段が明示されていません。

よって、学習塾の教材の正確な価格は、購入者側が把握する事は難しいと言えます。
教材費については、学習塾によって授業料に含んでいる場合と別途必要な場合があります。

教材費が授業料に含まれているかは、学習塾のパンフレットなどで大体把握する事が出来ます。
教材費が含まれている旨の記載があれば教材費込みの授業料、含まれている旨の記載が無ければおそらく含まれていないと考えた方が良いでしょう。

いずれにしても教材費分は支払う必要があるため、無料という事はありません。

塾の教材費が高過ぎる場合どうする?

学習塾の中には、高額な教材費を請求して利益を得ようとする場合があります。
基本的に、上記相場の倍以上の教材費が請求されていれば、教材費が高いと言って良いでしょう。

また、授業で使用しない教材を買わされるケースも注意です。
たった数回の季節講習のために、何冊もの問題集を買わされる、家庭学習用にと必要以上の教材を勧めてくる場合は怪しいと思いましょう。

教材費が高過ぎる場合の対処としては、転塾を考えた方が賢明です。
教材費で利益を得る業者の場合、学習塾自体の経営方針も怪しいと言えます。

教材費以外にも不利益を被る可能性が高いので、出来ればあまり関わりたくない所です。

塾の教材費は返金してもらえる?

学習塾と契約をしたものの、後日なんらかの理由で契約解除をしたいという場合もあるかもしれません。
その場合、既に支払ってしまった教材費は返金してもらえるのでしょうか?

もしその教材が使用済みであった場合、教材費の返金は期待しない方が良いと言えます。
使用済みの教材を返還したとして、後日別の用途で使われる場合は少ないでしょう。

そのため、使用済みの教材については、返金対応してもらえない場合がほとんどです。
逆にその教材が未使用であった場合、返金対応してもらえる可能性があります。

学習塾の教材は、特定継続的役務提供契約の関連商品とされています。
そのため、学習塾の契約を解除すれば教材の売買契約も解除する事が出来ます。

ただ、教材の販売時の金額と返還時の金額に差額があった場合、その分は負担する必要があります。

塾の教材を利用して著作権侵害になる場合って?

塾の教材を利用して著作権侵害になる場合

学習塾の教材を使用する中で、著作権侵害に当たる行為には気を付けなければいけません。
著作権侵害となる行為で多いケースが、教材のコピーを配布する事です。

学習塾は学校とは違い、教育目的で教材をコピーする事は認められていません。
その教材が生徒本人のものであれば問題ありません。

しかし、生徒の所持していない教材をコピーして渡した場合、著作権侵害に当たります。
また、学習塾のテキストを作成する際に学校の教科書を写したため、著作権侵害になったという事例もあります。

どちらも家庭で使用する分にはあまり心配いりません。
しかし、塾講師などをしている方は注意しておきましょう。

塾の教材は個人購入出来る?

塾の教材は個人購入出来る

学習塾の教材は市販されていないため、個人購入する事は難しいとされていました。
しかし、最近では通販サイトで購入する事が出来るようになっています。

また、オークションサイトで出品されている場合もあるようです。
用途としては、家庭学習用に使用する事や、家庭教師が授業用の教材として使用する場合が多いと言えます。

学習塾の教材は、希望小売価格が定められていません。
そのため、教材の価格は販売サイトによって様々です。

また、教材を販売している業者に直接連絡を取り売ってもらうという方法もあります。
こちらは確実に売ってもらえる保証はありません。

しかし、通販に比べ価格は安くなる可能性があります。

塾の教材のまとめ

塾の教材についてまとめ

学習塾で使用される教材は、学校の教材とは少し異なります。
学習塾によって使用する種類は様々で、授業を円滑に進められるように様々な工夫が施されています。

学習塾の教材を選ぶ上で重要な事は、生徒の学力に合った教材という事です。
生徒個人の学力に合った教材を使用する事で、より効率的で理解しやすい授業を行う事が可能になります。

どんな教材を使うかは、塾側に一任するしかありません。
しかし、塾のレベルによって使用する教材の難易度もある程度把握出来ます。

また、高額な教材費を請求する学習塾には要注意です。
教材費の相場をしっかり把握して、少しでもおかしいと感じたらすぐに対処しましょう。

学習塾の教材は、個人でも購入する事が出来ます。
販売価格は業者によって様々なので、あまり高過ぎる所から購入しないように注意しましょう。

学習塾の教材は、上手く使う事が出来れば成績アップに繋がる可能性は高いのです。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。