塾で伸びない

子供の成績が下がってきた時、学習塾に通わせたいと思う保護者は多いと思います。
しかし、学習塾には通えば成績が確実に伸びるという保証はありません。

実際に、高い授業料を払って通わせたものの、成績が伸びなかったという話はよく聞きます。
一方で、学習塾に通ったおかげで成績が伸びる子供がいるというのも事実です。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?
学習塾に通っても成績が伸びない原因が特定出来れば、それを改善すれば成績が伸びるようになるかもしれません。

今回は、学習塾に通っても成績が伸びない場合についてご紹介します。
学習塾に通っても成績が伸びない原因は、いくつかのパターンに分けられます。

現在子供の成績が伸びない事で悩んでいる方は、どのパターンに当てはまるか判別した上で適切な対処をしましょう。
また、学習塾を選ぶ段階でも気を付けておくべき事はあります。

これから子供を学習塾に通わせようという方も、学習塾を選ぶ基準をしっかり理解しておきましょう。

塾に通っても成績が伸びない原因とは?

学習塾に通っても成績が伸びない原因としては、おおまかに分けて2種類が挙げられます。
1つ目は、子供本人の問題です。

子供の授業に対する意欲が無く集中して取り組めていない場合、学習塾に通っても成績が伸びない原因になります。
また、宿題などの家庭学習をきちんと行っていない場合は、知識が定着しにくく成績が伸びにくいと言えます。

2つ目は、学習塾の環境の問題です。
学校の授業についていくのが精一杯の子供が進学塾に通うなど、学習塾の授業と子供の学力が釣り合っていない場合は成績が上がりにくいと言えます。

また、講師の指導力が足りない場合、授業のクオリティの面から成績は伸びにくいでしょう。
それ以外にも、周りの友達と話していて授業に身が入らない事なども成績が上がりにくい原因と言えます。

学校の成績は塾で伸びない事に関係ある?

学校の成績は塾で伸びない事に関係

学校の成績は、学習塾で成績が伸びない事に大きく関係します。
一般的に、学校の成績が良い子供ほど学習塾に通うと伸びるとされています。

理由としては、学校の成績が良い生徒の場合は勉強に対する意欲が強く、家庭学習の習慣が付いている事が挙げられます。
学校の授業にも言える事ですが、授業をただ茫然と聞いているだけでは当然知識は身に付きません。

集中して授業に取り組み、理解しにくい部分はチェックしておくなど、授業のやる気次第で成績が伸びるかどうかは大きく左右されます。
また、勉強をする際に重要な事として、復習を大切にする事が挙げられます。

人間の記憶というものは非常に曖昧で、よほど印象的なことでなければ、一度学んだだけではすぐに忘れてしまいます。
そのため、復習を行い二度三度と学ぶ事で知識の定着を図るのです。

学習塾の復習は授業中に行う事はあまりありません。
そのため、家庭での学習習慣を付ける事が成績を伸ばす要因として重要となってきます。

塾に通っても成績が伸びない場合は子供のやる気が無い?

塾に通っても成績が伸びない場合は子供のやる気が無い

学習塾に通っても成績が伸びない場合、子供のやる気が足りていない可能性は十分に考えられます。
勉強に対する意欲が無い生徒の場合、授業態度や家庭学習内容に問題がある場合があります。

特に、勉強に苦手意識がついている子供はこの傾向が強いです。
どれだけ勉強をしても理解できない、どうせ理解してもまた知らない範囲が出てくるという意識から、理解すること自体を拒んでいる可能性があります。

集団指導塾の場合は、授業に対するやる気が無ければ、本当にただ聞き流すだけの時間になってしまいます。
そのため、個別指導塾と比較して、子供のやる気次第で成績が伸びるか伸びないか変わりやすい傾向にあります。

小学生・中学生の場合勉強に意欲がある生徒は珍しく、多くの生徒が親に言われたから学習塾に通っているという状態になっています。
学習塾に通っても成績が伸びないというケースが小学生・中学生に多いことからも、子供本人のやる気が無いことは成績が伸びない原因と言えるでしょう。

子供に合っていない塾では成績は伸びない?

子供の学力と学習塾の授業内容が釣り合っていない場合、成績が伸びない原因として考えられます。
例えば、学校の授業内容は、ほぼ完璧という子供が補習塾に入塾した場合、学習塾の授業内容はただの復習としてのみ機能します。

新たに得る知識が少ないため、成績が下がる事は無くとも上がる事も考えにくいでしょう。
そういった子供は、進学塾などのレベルの高い学習塾に通う必要があります。

逆に、学校の授業内容も怪しい子供がレベルの高い進学塾に入塾した場合、成績が上がる事はほとんど期待出来ません。
勉強というのは基礎の積み重ねなので、基礎が出来上がっていない状態で難易度の高い内容に取り組む事は出来ません。

たしかに、難しい問題が解けるようになれば、基礎も一緒に身に付くと考える方もいるかもしれません。
しかし、子供にとっては学習塾に行く度に理解不能な授業内容を聞き、家で基礎から学び直す事になり精神的な負担が大きいです。

子供が勉強嫌いになってしまえばやる気も失われるため、そういった子供は補習塾で基礎から固める事をオススメします。

塾に通って成績が伸びない子供の特徴

塾に通って成績が伸びない子供の特徴

学習塾に通っても成績が伸びない子供の特徴としては、第一に勉強嫌いである事が挙げられます。
当然と言えば当然ですが、勉強が嫌いな子供の場合、授業に対する意欲・家庭学習の状況共に良くない事が多いのです。

授業を受けてもただ聞き流すだけ、家に帰っても家庭学習をしないという状態では成績が伸びるはずもありません。
また、勉強が嫌いな生徒の場合、学習塾に嫌々通っている事もあります。

目的も無く、ただ時間を費やすだけの学習塾に通う事は、子供からしたら苦痛です。
また、親にとっても金銭面で負担が大きいと言えるでしょう。

子供が学習塾に頻繁に遅刻してしまう、宿題を忘れてしまうという場合は、環境を変えてみる事を検討すると良いかもしれません。

集団指導塾で伸びない子供は個別指導塾でも伸びない?

集団指導塾で伸びない子供は個別指導塾でも伸びない

集団指導塾で伸びない子供が個別指導塾に転塾した場合、成績が伸びる可能性は期待出来ます。
集団指導塾の特徴としては、学校の授業と同じような形式で行われることが挙げられます。

そのため、学校の授業を真面目に受けていないために成績が悪いという生徒の場合、集団指導塾に通っても成績が伸びない場合が多いのです。
一方で、個別指導塾の特徴としては、講師1人対生徒1~4人の授業形式である事が挙げられます。

個別指導塾の場合、やる気が無い生徒への声掛けや指導を積極的に行ってくれます。
そのため、普段学校で授業を聞かない子供でも、真面目にやらざるを得ない状況を作る事が出来ます。

ただ、個別指導塾は講師の質が低い場合が多く、授業料も割高です。
勉強の意欲がある子供には集団指導塾、そうでない場合は個別指導塾と使い分ける事が重要と言えます。

塾に通っても伸びないまとめ

塾に通っても伸びないまとめ

学習塾に通っても成績が伸びないという子供は多いと言えます。
しかし、どの生徒にも必ずその原因はあります。

その原因は、子供本人の問題であったり、学習塾の環境であったりと様々です。
中にはどうしようもない原因もありますが、そのほとんどは改善を見込めます。

学習塾に通っても子供の成績が伸びないと困っている場合、出来る限りの対処をしましょう。
それでもダメなら、転塾で環境を変えてみる事や家庭教師に頼ってみるのも良いかもしれません。

これから子供を学習塾に通わせたいという方は、子供の学力に見合った学習塾を探すようにしましょう。
子供のやる気と成績を考慮した上で、基礎を学ぶならば補習塾、上を目指すなら進学塾への入塾を検討しましょう。

また、学校の授業態度が悪い子供の場合、個別指導塾への入塾をオススメします。
状況に合った適切な選択をして、授業料と時間が無駄にならないようにしましょう。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。