塾のお盆休み

夏休み、多くの企業は、お盆とその前後がお休みという事も多いのではないでしょうか。
しかし、「夏は受験の天王山」と位置付ける塾業界は少し、お休みが違います。

塾のお盆休みは、どのように設定されているのでしょうか。

塾のお盆休みはいつからなのか?

塾の多くは、一か月を28日として設定する4週制というのを採用しています。
つまり、毎月29日以降は、基本的に休みという事になります。

この月末の休みと合致するように、お盆の休みを設定する事が多いようです。
例えば、8月29日が月曜日なら、13日から15日の前後の月曜日から三日間が休みとなっています。

塾のお盆休みは、その年によって異なるので、去年は13日からだったから今年も。
そのような事は、中々ないという事を覚えておきましょう。

塾のお盆休みはどれ位の間休むのか

では、塾のお盆休みは、どれくらい続くのでしょうか。
受験生にとって、あまり勉強する場が閉鎖されているというのは好ましくありません。

先ほどの話の通り、多くの塾では月末の休みがお盆の前後に来るというイメージ。
そのため、個人で経営されている塾は、大体3日間という事が多いようです。

しかしながら、チェーン展開している塾は少し勝手が異なります。
チェーンの場合、本部のお休みに合わせるという事が多いようです。

塾の本部は、きちんと1週間程度の休みを従業員に与えます。
そのため、末端の教室もお盆を含む1週間をしっかり休むという事が多いようです。

お盆にも開校する塾はあるのか?

お盆にも開校する塾はあるのか

実は、末端の教室の開講時間というのは、その教室を預かる人間に一任されています。
お休みを取る時は、4週制を活用する事が多い塾ですが、休まない塾もあります。

夏は塾にとっても書き入れ時なので、その間に一週間も休むというのは経営的にマイナス。
それならばと、利益を考えて、お盆も気にせず開室している塾もあります。

予備校にお盆休みはない

塾ではありませんが、基本的に予備校にお盆休みというのは存在しません。
予備校に通う高校生は、やはり高いレベルの大学への進学を望んでいます。

そのような生徒が、お盆の間、一週間も休むかと聞かれたら、間違いなく休みません。
自分が休んでいる間に、ライバルたちは一歩でも二歩でも先へ進みます。

そんな状況を見ている予備校のスタッフが、学習の場たる校舎を閉めるはずがありません。
そのため、お盆休みを設定している予備校は、ほとんどありません。

もし、設定しているとしても、本当にお盆の前後にある日曜日の一日程度です。

お盆休みのない塾とは?

では、お盆休みのない塾とは、どんな塾でしょうか。
中学生を対象にしている塾よりは、高校生を対象にしている塾はお盆休みがないようです。

予備校が休みなく動いているのに、自分が休んでいる場合ではないという事でしょう。
高校3年生が多数在籍している塾は、予備校と同様に年中無休という事もあります。

特に最近は、10月に実施される推薦入試の受験者も増えています。
塾側としても、1月に控えているセンター試験だけを考えていられない状況なのです。

多様な試験に対応するためには、長い休みを取っていては難しいのです。
ただ、繰り返しになりますが、塾の開室日程は、責任者の采配に委ねられます。

もし、お盆も休みなく勉強したいと思うのであれば、責任者に確認しましょう。

塾のお盆休みのまとめ

塾のお盆休みのまとめ

塾のお盆休みは、会社や教室によって、非常にまちまちの設定になっています。
他の塾が休んでいるから、自分の通っている塾も休みになるとは限りません。

どのタイミングで休むのかは、教室責任者の判断に委ねられます。
きちんと教室からの連絡を確認し、自分で判断し、勝手に休まないようにしましょう。

特に、全学年対応の塾というのは、非常に注意しなければなりません。
高校生が来るので、ついでに小学生の授業もしているという事は大いにあり得ます。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。