高校生と塾

高校生からは予備校へ、というのも一つの選択肢。
でも、高校生の塾通いというのは、結局どうなのでしょうか。

当ページでは、そもそも高校生に塾って必要なのか、選び方、月謝・費用などを掲載していきます。

高校生の塾の選び方

まず最初に、高校生の塾の選び方について記載をしていきます。
何を重点に選べば良いのでしょうか。

高校生の塾代、必要な費用は、どれくらい?

高校生対応の塾というのは、担当できる講師の少なさもあり、塾が少ない傾向です。
また、どうしても専門的な科目を扱うこともあり、全体的に高額になりがち。

JS日本の塾(http://jyuku.js88.com/link/hiyou-koukou)が調べた費用は、以下の通りです。

公立に通う高校1年では、年間で56,681円。私立に通うと、77,061円。
2年生になると、金額が上がり、公立では94,666円。私立高では154,695円。
3年生では2年生より更に増え、公立校で136,647円。私立に至っては198,889円です。

大学受験に向けた高校3年生が、多くの費用を掛けている事が分かります。
予備校の場合は、もっと掛かります。

大手予備校の河合塾では、1教科あたり月額12,000円からです。
また、予備校の場合、年間契約が多いので、一度に支払う金額はもっと多くなります。

高校生は集団塾か、それとも個別指導か?

高校生の塾選びにおいては、集団と個別は性格面から選ぶ方が良いでしょう。
大勢の人間と競い合って、成績アップをと思うのであれば集団塾、一人で誰かに付いてもらってというのであれば個別指導、といったような感じです。

高校生が塾に通う目的は、大学進学がメインなので、塾側もそのように行動しています。
個別指導も集団塾も、あまり授業のカリキュラムに違いはありません。

大切なのは、生徒の性格や目的と塾の方針が合うか合わないかです。
指導方針だけではなく、講師との相性も見てください。

そもそも高校生に塾って必要?

高校生の塾の必要性

ただ、ここで大切なことが一つあります。
それは、高校生には塾がいるのかということ。

今回は、予備校や英会話、公務員対策学校なども含めて塾ということで扱います。
そのような学校以外の勉強する場所へ、高校生は行く必要があるのでしょうか。

高校生は塾に行かないという選択肢

結論から言うと、高校生の塾は「ある人には必要」であって、「ある人には不必要」です。
極端な話を言えば、高卒で就職する人たちに、大学受験の勉強をするのは時間の無駄です。

そのような人たちが、さらに+αの勉強を求めて、塾へ行く理由は存在しません。
また、大学受験をするにしても、志望する大学によって、不必要というケースもあります。

国公立大だと、現在の主流は、センター試験を最大6教科9科目の受験が必須です。
理系だけど社会や国語(古文や漢文)、文系だけど理科や数学の受験が必要になります。

この9科目のうち、苦手科目だけ対策しに塾へというのは、高校生にはよくある話です。
しかし、先の試験体制は、あくまでも主流であって全てではありません。

また、私立大学も2教科、ないしは1教科で受験する学校もあります。
大抵その1教科は、生徒の得意科目です。

得意な科目なら、自分で勉強を進められます。
自分の進路を考え、それに向かった行動が起こせるならば、塾の必要性は下がります。

高校生1年で塾に通っている割合

そんな事を高校1年生は皆、同じように考えているのでしょう。
ベネッセ総研のデータ(http://berd.benesse.jp/berd/data/dataclip/clip0006/)によると、中3の通塾率は59.4%と、ほとんどの生徒が何かしらの塾に行っているという状況です。

家庭教師や通信教育なども加えると、ほとんど70%に近い割合です。
これが、高校生になると一気に下がり、高校1年生では16.5%となります。

塾以外を合計し、20%に届くかの割合の人数しか、学校以外の勉強をしていません。
ほとんどの生徒が高校から塾に通わなくなっているのです。

しかし、この割合も高2となると徐々に戻り、大学受験に備えた展開が待っています。

高校生が塾に行くならいつからか?

最初から高卒就職(無資格)を考えているならば、塾が必要になる時は来ないでしょう。
要資格や公務員試験ならば、そのための勉強を塾ですることもあります。

いつから通い始めるのかについては、試験の日程から逆算しましょう。
公務員試験には、難易度にもよりますが、地方中級で1年強の時間が必要とのことです。

そして、進学を考えている場合であれば、これは早ければ早い方が良いと思います。
第一に、塾は高1から高3を対象にした、3年間分の通年プログラムを用意しています。

多くの塾は、学校内容を3年1学期までに終わらせてしまい、残る時間を実践に充てます。
このようなスケジュールで進む授業へ、途中から入り込むのは結構大変です。

特に一般入試を考えているならば、1年生の入学する前から通っても損はありません。
近頃増えている、推薦入試についても同様です。

これは、常日頃からの成績が重視される試験になります。
突然、成績は上がりません。

1年生からコツコツ塾に通い続ける方が評価されるでしょう。
ただ、やはり進路がハッキリしていないと、塾には通い辛いと思います。

高校生が塾にも予備校にも行かないで大学受験をする

これは決して、不可能な夢物語ではありません。
しかし、旧帝大や早慶のレベルとなると、よっぽどの進学校でない限り難しいと思います。

逆に、なぜ進学校なら塾通いをしないで、旧帝大や早慶に行けるのか。
一番の理由は、学校で実施されている授業時間の長さが挙げられます。

他の生徒が塾を使い補う勉強時間を学校内で確保するので、余分が不要になります。
さらに、授業進度、カリキュラムの進度が他に比べて早いことが理由です。
高1~高2で高校授業内容を全て学習させ、高3は受験勉強を行うのが一般的。

受験に向けた勉強も、全部学校内で完結出来るため、塾通いを必要としません。
大学のレベルを下げれば、進学校ならば基本的にどこでもしていることです。

ただ、それでも時間や経験が不足していると考え、塾に通う生徒は多くいます。

高校生は予備校と塾、どちらが良い?

高校生は予備校と塾はどちらが良い

高校生からは、予備校という選択肢も考えられます。
では、高校生にとって、予備校と塾のどちらの方が良いのでしょうか。

予備校も塾も指導方針が異なりますので、一概にこっちが良いとは言い切れません。
ただ、あくまでも傾向として、高偏差値の大学へ通うなら予備校の方が良いでしょう。

単純な話、予備校は「そういう」大学へ行くための授業を展開しているからです。
東大なら東大に合格するための国数英を、京大なら京大の、とハッキリ決めています。

塾に通うと東大は無理か、と言われるとそうではありません。
しかし、スタッフや教材の質などを考えると、予備校に一歩に劣る感じは否めません。

反対に、ほどほどの大学や推薦入試を考えるなら、予備校のカリキュラムは適しません。
予備校のカリキュラムは学校を無視して進みますので、圧倒的に早く終わります。

しかし、それでは日々の定期テストの対策になりません。
推薦入試で重視されるのは日々のテストですから、この場合は塾の方が良いでしょう。

どちらが良いかという二元論ではなく、塾、予備校のそれぞれの良さを考えましょう。

高校生が塾と部活を両立させるには?

高校生が塾と部活を両立させるには

高校生でも部活を続けているという生徒は多いと思います。
そんな彼らの悩みは、塾と部活をどうやって両立させていくかということです。

なかなか難しいことだと思いますが、一番に考えてほしいのは、塾に通う目的です。
日々の成績を上げることが目的なら、苦手科目1科目に絞って通塾するのがオススメです。

苦手科目だけなので、塾の宿題や塾で勉強する時間は少なくて済みます。
通塾の回数も少ないので、部活に合わせて自由に通うタイミングを選べます。

進学を目指すなら、きちんと模試やテストの結果と相談することから始めましょう。
「皆が英語と数学で通っているから」という選択をしてはいけません。

自分の志望校の試験科目は何か、各科目の配点はどうなっているのか。
同じ英語でも英作文か、それとも長文読解か、国語も古文や漢文があるのかないのか。

要は、試験の方式、そして、自分の得手不得手で選ばなければいけないということです。
苦手だが試験にでないならば、する必要性はほとんどありません。

逆に、苦手な上に試験で必須となれば、絶対しなければ太刀打ち出来ないでしょう。
自身の状況に合わせ、対策を打つ場所を考えれば、通塾回数も少なく持って行けます。

高校生と塾のまとめ

高校生と塾のまとめ

高校生にとって、塾通いは決して必要なワケではありません。

塾に通う事ではなく、塾に通って、受験に必要なデータや情報、能力を手にすること。
これが、高校生が塾や予備校に通う目的です。

そのためには、自分の進路や目的をハッキリさせないといけません。
うやむやなまま、塾に通い続け、無駄に高いお金を払っても意味はありません。
塾が問題なのではなく、塾に通う目的がないことが問題なのかもしれません。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。