塾の遅刻

学習塾に通っていて、遅刻をしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。
寝過ごしたり、忘れていたりといった原因で遅刻をする事は防げます。

しかし、時にはどうしようもない理由で遅刻をしてしまう事もあるかもしれません。
では、もし塾に遅刻をしてしまった場合、授業はどうなるのでしょうか?

遅れてしまった分の授業はもう取り戻せないという場合、せっかく授業料を払っているのにとても損をしていますね。
今回は、塾の遅刻についてご紹介します。

遅刻はしないに越した事はありません。
しかし、どうしても遅刻してしまう状況になった場合は、すぐに適切な対処をしましょう。

塾に遅刻した場合の授業はどうなる?

塾に遅刻してしまった場合は、既に指導が終わってしまった範囲分だけ他の生徒よりも損をしてしまいます。
遅刻をする事は、第一に自分に不利になってしまう事を忘れないようにしましょう。

集団指導塾の場合は、一人の遅刻に対して特別な対応をする事は難しいのです。
個別指導塾の場合、塾によっては遅刻した分だけ補習で対応してくれる所もあります。

しかし、基本的にはあまり期待をしない方が賢明です。
遅刻は自分の授業時間が減るだけでなく、他の生徒や講師にまで迷惑が掛かってしまいますので、極力避けるようにしましょう。

塾に遅刻する際はどうする?

塾に遅刻する際はどうする

普段から遅刻をしないように気を付けていても、やむを得ず遅刻してしまうという事もあるかと思います。
では、そのような場合、どう対処すれば良いでしょうか?

まず気を付ける事として、どうせ遅刻するからとのんびり構える事は辞めましょう。
遅刻する時間は長くなればなるほど自分に不利になりますし、他の人への迷惑にも繋がります。

出来るだけ授業時間を無駄にしないように、急いで塾へ向かいましょう。
塾に向かう途中で、なぜ遅刻したか状況を整理して説明出来るようにしておくと良いでしょう。

塾に遅刻する場合の事前連絡は必要?

塾に遅刻をしてしまう場合、連絡を入れる事は必須です。
授業時間になっても生徒がいない場合、防犯の面で講師は保護者に連絡を入れる必要があります。

講師や保護者に余計な心配をかけないように、必ず事前連絡をしておきましょう。
また、授業時間を過ぎてから授業があった事に気付いた場合の事後連絡も必要です。

正当な理由があれば、後日補習を受けられる可能性もあります。
塾に遅刻する際には、遅刻する旨の連絡を入れてから塾に向かうようにしましょう。

塾に遅刻した際の言い訳は?

塾に遅刻する際の言い訳としては、寝坊が使いやすいと思います。
どのような場面でも違和感なく使えますし、真偽を確かめる方法もありません。

ただ、寝坊をすること自体が褒められた事ではないため、結局怒られる場合が多いでしょう。
下手に言い訳をして後で厄介な事になるくらいなら、初めから正直な理由を話した方が無難です。

電車の遅れや部活が長引いたなど、正当な理由がある場合は必ずそれを伝えましょう。
自分に非が無いと分かってもらえれば、怒られる事も少ないでしょう。

また、補習などで対応してくれるかもしれません。

塾に遅刻しないためにはどうする?

塾に遅刻をする理由として多いのが、寝坊や授業そのものを忘れていた場合です。
これらは、普段から気を付けていれば遅刻を予防する事が可能です。

寝坊の場合は、塾に行く前は寝ないように気を付けるだけで防ぐ事が出来ます。
家にいるとどうしても眠気が出てくるかもしれません。

そのため、出来れば外で時間を潰したり、早めに塾に行って自習をしたりすると良いでしょう。
授業の予定を頻繁に忘れてしまう場合、日程のチェックを毎日心掛けるようにしましょう。

スケジュール帳や、毎日使うノートにメモを取っておくと良いと言えます。
スマートフォンのカレンダーアプリを使って、授業の前に通知をしてもらう方法もあります。

塾に遅刻する生徒にはどう対処する?

塾に遅刻する生徒にはどう対処する

塾の遅刻を頻繁にしてしまう生徒に、講師はどのように対処したら良いのでしょうか?
基本的に、そのような生徒にはただ叱りつけても効果がない事が多いのです。

頻繁に遅刻をする生徒には、ほとんどの場合塾に行きたくないという意識が少なからずあります。
そのため、叱ることでさらに塾に行きたくない気持ちが高まり、悪化してしまう可能性すらあるのです。

遅刻をしたからとむやみに叱らずに、まずは理由を聞いて解決する方法を考えましょう。
また、遅刻をしなかった場合に一声かけておくのも重要です。

遅刻しなかった事を褒めれば、普段から遅刻をしないように心がけてくれるかもしれません。

塾に遅刻する理由とは?

塾に遅刻する理由としては、寝坊や授業を忘れていた事が挙げられます。
また、電車やバスの遅延、学校が長引いたなど、どうしようもない理由で遅刻してしまう場合もあります。

そのため、遅刻をした生徒には、まずその理由を聞く事が重要です。
やむを得ず遅刻してしまった生徒には、注意はほどほどにして補習などの対応が出来ないか室長に相談すると良いでしょう。

ただ、生徒が正直に遅刻した理由を教えてくれるとも限りません。
頻繁に遅刻をしてくる生徒の場合、遅刻した証拠として何か提示するように求める事も必要かもしれません。

塾の講師が遅刻したら授業はどうなる?

塾の講師が遅刻したら授業はどうなる

ここまで塾の生徒が遅刻した場合についてご紹介してきました。
では、塾の講師側が遅刻した場合、授業はどうなるのでしょうか?

講師が遅刻した場合、当然授業は行う事が出来ません。
空いている講師がいれば、代わりに行ってもらう事も可能かもしれません。

しかし、授業進度や教え方など把握出来ない事も多いため、授業のクオリティは下がります。
また、生徒にも遅刻した講師という印象が付いてしまい、信頼関係が崩れてしまう可能性もあります。

遅刻した際の対応は塾によって様々です。
しかし、厳しい所だと1回の遅刻でクビにされてしまう所もあります。

塾のバイトに遅刻する場合はどう対処する?

塾のバイトに遅刻する場合は、必ず事前連絡をしましょう。
遅刻する事が分かったその時に連絡するのが一番良いと言えます。

後で連絡しようと思って忘れてしまってはどうしようもないので、早めの対応を心掛けましょう。
また、代わりに授業を繋いでくれる講師を探しておくと良いでしょう。

塾によっては室長が手配してくれる事もあります。
しかし、その場合でも事前に探しておけば負担が掛かりませんし、印象も良いです。

代わりに授業を行ってくれる講師には、事前に授業範囲や教え方などの打ち合わせをしておきましょう。

塾の遅刻のまとめ

塾の遅刻のまとめ

塾に遅刻する事は、決して良い事ではありません。
授業は遅れた分だけ取り残されますし、補習を行ってくれる保証もないです。

また、遅刻をする事は他の生徒や講師、授業料を払ってくれる保護者への迷惑にもなります。
自分一人だけの問題だと考えずに、普段から遅刻をしないように気を付けましょう。

講師が塾に遅刻するという事は、本来あってはならない事です。
しかし、どれだけ気を付けていても、やむを得ず遅刻してしまう場合もあるかもしれません。

事前に連絡をしっかりしておき、緊急の事態でも慌てずに対処しましょう。
生徒講師共に、遅刻しないためには自分の行動に責任を持つことが重要です。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。