私立中学の塾

昨今、塾通いをしている生徒も珍しくなくなりました。
多くの中学生が、高校受験を目指して塾に通っています。

では、受験を既に一度経験している私立中学の生徒に塾は必要なのでしょうか。
私立中学を目指す小学生の塾の必要性も併せて、考えていきましょう。

私立中学に通っていても、塾は必要か?

結論として、私立中学に通う生徒に塾は、ほぼ必要ないというのが大勢の意見です。
この点については、私立中学校のシステムが大きく作用しています。
何故、このように言われるのか、見ていきましょう。

私立中学の生徒が塾に通う必要性は?

中学生が塾に通う目的の中の一つは、高校に進学するためです。
公立中学校にはない、多くのノウハウを求めて中学生は通塾します。

しかし、私立中学の多くは、運営母体の違いはあれども、大学の付属校や中高一貫校です。
ある程度の学校内での成績があれば、進学先は保障されていると言っていいでしょう。

つまり、他の公立中学校に通う生徒とは異なり、積極的に進学を考える必要がありません。
進学を頭に置く必要がないのですから、結局、塾通いの必要性が下がる事になります。

また、学校側が積極的に補講や補習を実施しているというのも理由の一つです。
私立中学校には、自由に使える自習室を完備している学校も少なくありません。

塾に通う生徒の多くは、授業以外の学習時間を確保することも目的の一つです。
しかし、私立の中学校では、この授業以外の勉強時間を積極的に学校側が用意しています。

そうなってくると、ますます塾へ通う必要性は下がっていきます。

私立中学の生徒が塾に通い始めるタイミングは?

しかし、全く不必要と言うと、それは言い過ぎになります。
勉強に関しての不安事が生まれてきた時には、私立中の生徒も通う必要性が生まれます。

兎に角、私立中学校は国で定まっている指導要綱を無視して先へ進めます。
中学3年で既に高校内容に突入している学校も珍しくありません。

そうなってきた時に、内容が高度すぎて理解出来ないとなってくる可能性があります。
このような場合は、塾に通う事を考えた方が良いかもしれません。

もう一つ、私立中学校の設備を活かしきることが出来ない場合も、塾通いを考えましょう。
先に述べた通り、私立中学校で塾の必要性が低いのは、補講や補習が活発だからです。

しかし、遠方から通っている生徒は、下校時刻が遅くなるこれらに参加が難しいでしょう。
そのような場合、他との勉強時間の差を埋めるために、塾に通う事を考えてみましょう。

残るタイミングは、成績上位層のクラスに上がろうと思った時です。
習得度合別にクラスを編成するのは、私立の学校では珍しくありません。

その中で、上を目指そうと思えば、当然ですが、勉強時間や勉強の質の確保が必要です。
学校の補習や自習室の活用でも構いませんが、優れたコーチがいると上達も早いでしょう。

私立中学を受験するために塾は必要なのか?

私立中学を受験するために塾は必要

既に、通っている生徒について、通塾する必要性はあまり大きくありません。
では、私立中学校を目指す小学生にとって、塾は必要な存在なのでしょうか。

私立中学受験のために塾は必要

結論から言えば、私立中学を受験するために塾は必須、というのが大勢です。
最も大きな理由は、小学校に受験のノウハウがないという事が挙げられます。

つまり、いつ、どの教科を、どの程度終わらせればいいのかが分からないのです。
受験の日程は、春休みに入ってからではなく、早ければ1月半ばという学校もあります。

その中で、悠長に学校の授業を受けている暇は、中学受験をする生徒にはありません。
既に、授業内容は終わっており、その上で、さらに受験勉強をしなければなりません。

学校側が頼れない以上、他の教育を行ってくれる場所、つまり塾へ行くしかありません。

私立中学受験のためにいつから塾に通うか?

多くの塾では、小学校4年生を一つの目安に置いています。
これには理由があります。
中学受験を専門に扱う塾では、大体、6年生は丸一年を過去問の演習などに費やします。

そのためには、5年生で6年生の内容を完了させておかねばなりません。
2年間の内容を5年生だけで終わらせるのは、時間的や肉体的な負担が大きくなります。

しかし、4、5年の2年間で3年間分となれば、その負担は圧倒的に少なくなります。
そのような負担を考えると、やはり小4がベターのようです。

私立中学受験のための通塾費用はどれくらい?

私立中学校と言っても、開成、灘という名門も、地方で良く聞く程度の学校もあります。
ピンからキリまでありますが、やはり、3年間で費用だけで200万円程度になるそうです。

内訳としては、小4で約45万円、小5で約65万円。学年が上がる度に、金額が増えます。
結果、6年生になると、オプションも盛んになり、一気に上がって約105万円となります。

あくまでも、この金額は塾に対して払う費用です。
中学校に支払う受験費用や入学金など、その他諸費用を加えると、さらに高額になります。

私立中学と塾のまとめ

私立中学受験と塾のまとめ

私立中学を受験するまでは、高確率で塾が必要となります。
やはり、家庭や小学校には受験に対するノウハウがありません。

まず、塾に通う目的は、このノウハウを手に入れる事から始まります。
言ってしまえば、高校受験の際に行う事を、3年ほど早く行うような形です。

入るまでは大変ですが、入った後は、私立中学は本気で進学を考えなくても良くなります。
勉強を続ける必要はありますが、塾ではなく学校を大いに活用して、成績を上げましょう。

●塾の雰囲気、講師の熱意、指導方針などのリアルな情報がわかる

塾探しを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 きになる塾に体験授業の予約が出来るため、入塾前に雰囲気、相性がわかり、失敗のない塾探しをする事が出来ます。

“タウンライフ塾さがし”

【タウンライフ塾さがしのメリット】

  • 塾の適正価格・相場が分かる
  • 厳格な基準をクリアした塾・予備校のみが登録
  • 業界トップクラスの紹介実績がある
  • 約3分!簡単な入力で簡単に完了
  • 料金体系、学習計画&指導方針などを提案
  • 後々しつこい営業がある事もない
  • 最初から最後まで完全無料

>>無料一括見積もりを試して適正価格をチェックする。